ミース17歳のバースデーと体調

先月15日に晴れて17歳となりました、ミース。

Instagram

 

一時は誕生日は迎えられないかも....、

と、覚悟を迫られるほど衰弱してしまったので、これだけの回復してくれるのは奇跡です。

 

 

退院してから、血液検査を3回受けました。

1回目2回目は前回記事の3月29日と4月6日。

 

3回目は4月16日に。

BUN 4/6, 44.1 → 51.4

CRE 4/6, 2.30 → 2.18

IP     4/6, 7.2 → 6.8

 

GPT 4/6, 126 → 73

GOT 4/6, 51 → 51

ALP 4/6, 595 → 480

 

BUNが少し上昇してしまったのは、点滴が一日置きになったからかな、と推測。

 

肝臓のサプリリバガードは、服用なし、になりました。

 

全体的に数値は高いですが、入院時には200台まで上がってしまっていた腎臓に関わる数値をどこまで下げられるのか、どこで良しとするのか。

数字ばかり気にすれば、そりゃあ、もっと基準値内に収めてあげたいと思うのですが、この数値でも元気にしてます。

お水も飲むし、ごはんも食べます。

ただし、退院数日後からのびっくりするほどの食いつき振りは、この数日で少しダウン。

ごはん最後の方でお腹がキュルキュル鳴って、それが合図でもう食べなくなるので、その前にテンポ良く口に入れてあげないといけません。

 

缶詰だけだったごはんにドライも追加した時は、ふやかしたものスプーンで潰しながら缶詰と混ぜみましたが、ぷよぷよしてるドライはきれいに潰れず、歯がないので大きく残ったものは口からつるつる出てしまって、途中嫌になって食べなくなってしまったので、フードプロセッサーを購入。

人間用のものは玉ねぎなんかにも使っていたし、何より手入れの面でガラスの容器がよかったので、新しく購入。

蓋が付いているので、余ったものはそのまま冷蔵庫で保存出来のもいい!

モーターを上に乗せて攪拌するだけでいいから便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

点滴も、このGWのようにお休みで受けられない日があるので、自宅でする用に事前にもらって練習してみましたが、ペッキアの時のような訳にはいかず。

ペッキアは寝たきりだったけど、ミースは元々お手入れ大嫌いで、病院で受ける点滴でもジッとしていられずグイグイ動く。

なので、うちでなんてジーっと大人しくなんてしていられるはずもなく、ギャーギャーわめき動くので、針が何度も抜け途中で断念。

今後の大きな課題になりそう( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミースの検査結果と日常

退院してから毎日、静脈点滴を受けて来ましたが、ミースの前脚に付いている留置針は限度の日が来ました。

東京の先生からは、「出来れば静脈点滴の方がいいと思います。脚ひとつで10箇所くらいは留置針の場所を確保出来ると思いますよ。」と言われていたので、現在の通院先、近所のかかりつけの先生には「そのまま静脈点滴続行したい。」と希望しましたが、血液検査をしてから決めたらどうか、との提案。

このまま続いていると血管も潰れてしまうし、静脈点滴したい時に血管を使えないと困るからとのことでした。

 

3月29日に退院後初めての血液検査。

 

BUN 入院時219.9 → 退院時213.1 → 85.8

CRE 入院時7.13 → 退院時6.70 → 3.63

IP   入院時21.5 → 退院時27.3 → 8.9 

 

と減少!

 

その代わり、

GPT 入院時109 → 310

GOT 入院時91 → 186

ALP 入院時128 → 974

 

と上昇したものも。

 

追加した薬、ウルソデオキシコール酸とサプリメントのリバガード。

共に、肝機能改善作用、肝臓の血流をよくして肝臓の細胞を守ります。

肝臓は、高脂肪腎臓食の副作用ではないかと。

 

基準値を下回ったもの。

PCV23.4、Hb8.6

 

造血剤の注射もしました。

 

造血剤は抗体が出来、効かなくなる時期が来るとの情報も読んだことがありますが、その時はその時、今はそんなことで拒んでる場合ではないと判断しました。

そして、私がずっとお世話になっている分子整合栄養医学のヘム鉄も飲ませることにしました。

その数日後からCoQ10も飲ませています。

点滴も皮下点滴へ変更です。

 

退院後2日ほどは、歯の手術の影響でシリンジで入れないと中々進んで食べれる状態ではなかったのですが、それ以降はいままで通りのフードボールから私がスプーンで口元に運びはしますけどパクパク自分で進んで食べてくれて、一食30gほどのロイヤルカナン 腎臓サポート缶を2食、合間にロイヤルカナン RENALliquidを一日50mlほど。

そこからお腹の様子を見ながら増やし、途中何回か緩くなりましたので、脱水しないように気をつけながら順調な食欲を維持。

家では、歩くのにも多少不安定で心配な部分もありますけど、トイレもごはんの時間も自分で歩かせています。

ただ、寝起きの時、ベッド周りを歩き始めたら速攻抱っこでトイレです。

そう言う時はお構いなく床でジャー、なので。

 

更に1週間の皮下点滴を受け、4月6日血液検査。

 

BUN 3/29,  85.8 → 44.1

CRE 3/29,  3.63 → 2.30

IP   3/29,  8.9 → 7.2

 

GPT 3/29,  310 → 126

GOT 3/29,  186 → 51

ALP 3/29,  974 → 595

 

どれも基準値よりもまだまだ大幅に高いですが、順調に減少していることは嬉しい結果です。

退院時の時東京の先生に言われましたが、「あの数値で食事を取れることがすごい。」と。

2019の血液検査の結果を見返してみましたが、BUN、6月49.3、4月85.5もあって食欲はすごくあった。

(この頃は特に治療を勧められた訳ではなかったので、何も服用していない。)

 

入院時3.0kgにまで減ってしまった体重は、入院中には2.8kgに落ち、退院後2.8kg〜2.9kgを行ったり来たりしながら数日前からやっと3.0kg台をキープ出来るようになりました。

現在の体重で計算すると、一日の給餌量ドライ20g、リキッド50ml分カロリーオーバーですが、少しづつ体重を増やしたいので、

今はロイヤルカナン 腎臓サポート缶を朝60g、晩60g、昼には同ブランドのドライをふやかして30g、合間にRENALliquidを一日50mlとかなりな食欲ですが、便の状態も良好です。

 

週明けからは1日起きの皮下点滴になります。

 

 

 

そして、

2月のペッキアへの供花のお礼と、今月15日に17歳の誕生日を迎えるミースのお祝いの記念に作ったエコバッグを、お友達に送らせてもらいました。

一時は17歳の誕生日まで保たないのでは!と思うほどに衰弱してしまったミースですが、噛み付くほどまでに元気になってくれました(T-T)

ペッキアへの供花のお礼は、私が好きで飲んでいるハーブティーのセット、

ミースの記念のエコバッグのプリントは、ミースが1歳くらいの頃に、私も好きな可愛いポップでセクシーなイラストを描くMie Ishii氏に、ミースをモデルに描いてもらったものをいつもデザインに加えて使用しています。

 

クリップとバッヂも従姉妹が作ってくれました。

 

 

 

 

 

 

あと2晩寝ないと誕生日ではないですが、ここまでくれば何とか無事に迎えられそうです。

マイペースな日常を過ごしているみーちゃんです。

 

 

 

 

 

 

いつもみなさんの思いと優しさに支えられてるjuju家でございます(^o^)/****